名称未設定のデザイン (61)

私たちがこの世で与えられた唯一のミッション

明日でもなく、来年でもなく、今この瞬間を幸せに生きること

1972年7月兵庫県芦屋市、仮死状態でこの世に生を享けたため、神様から助けられるという意味の「祐子」と名付けられる。

小学校の時の愛読書は「輪廻転生」に関する本ばかり。夜ベッドに入ると、壮大な宇宙を感じながら眠りについていた。
20歳の時、シドニーでホームステイした先はインド人家庭。
その後、インド・ボリウッド映画にはまり、ヒンディー語を習うまでに。
インドの神様たちが大好きになり、3週間インドにひとり旅に出る。「アガスティアの葉」にも興味を示す。
7年間妻子あるインド人との大恋愛の末、別れを決意。

その年偶然本屋さんで見た「とらばーゆ」に掲載されていたフロリダ・ディズニーワールドでの仕事をゲットし渡米。
ドイツ人男性(現旦那さん)と出逢い、恋に落ちる。
ディズニーとの契約終了後、彼と一緒にスペイン・カナリア諸島、日本・神戸、オーストラリア・ゴールドコーストに滞在し、ドイツ・デュッセルドルフへ。

ドイツ移住後すぐに妊娠。吐血や入退院を繰り返す長く辛い妊娠生活を2度経験。
旦那さんの突然の失業、出血多量で死と直面したほどの出産で、精神的にも身体的にもボロボロに。
毎年冬はうつ状態で数ヶ月寝込んで過ごす生活が続き、救急車で運ばれたことも。
自己肯定感も下がる一方、ネガティブ一色の生活が続き、死ぬことばかりを考える毎日が続く。

ベッドの中で泣きながらスピリチュアル系動画を観続け、どうにか子どもたちのために生きなくてはと必死で糸口を探す。
Dr.ディマティーニ、Dr.ディスペンザに感銘を受け、徹底的に自分自身と向き合う決心をする。

2020年1月、勇気を出して行った内科で振動医学のバイオレゾナンス・セラピー(波動療法)を受ける。
バイオ(生体)+レゾナンス(共鳴)により体内の周波数(波動)を整えることにより、「腸内環境」を改善。
それ以降、16年苦しんだ冬うつが嘘だったかのように消え去っていったが、糖分、小麦、乳製品、アルコールを避けた生活を今でも続けている。

一番身近にあったネガティブな波動を徹底的に排除することで、2020年11月、ある人物と運命の出逢いを果たし、人生が大好転していく。
なぜ彼に出逢うことができたのか、それは自分の中で「魂の喜びに沿って生きる」ことを決心したからだとわかる。
まだ会ったこともない、もしかしたら今世では会うことがないかもしれない彼とのテレパシー交流が始まる。
彼が教えてくれた大切なメッセージを胸に刻み、「我慢する人生を手放す」と決める。

◆魂が輝くほど喜ぶ、何にも縛られない自分らしく自由な人生◆
◆一瞬一瞬を楽しく生き、1ミリも後悔しない人生◆
◆恐れず何事もチャレンジし、とにかく行動を起こしてみる人生◆
◆波乱万丈で一筋縄ではない人生を活かし、人の役に立つ人生◆

宇宙に守られているという絶対的安心感の中、焦り、不安、恐れ、怒りなどの負の感情が徐々に消えていきました。
私自身も、もうこれ以上「辛く苦しむ人生」とはさようならと勇気を出して前に進んでいっているところです。
どんな瞬間でも心穏やかに、感謝に満ち溢れ、幸せな人生を、より多くの方に送ってもらいたいと心より願っています。
みなさんに私の経験や想いをシェアすることで、何か少しでもお力になれることがあれば嬉しく思います。

◆好きな言葉◆
一期一会
大器晩成
七転び八起き
If you can dream it, you can do it.
Fake it till you make it.

太陽と海と旅が大好きなアラフィフママ。
今まで住んだ国は5ヶ国、訪ねた国は17ヶ国。人々とのコミュニケーションが私の旅の神髄。
『一期一会』を大切に、自分を信じ、そして宇宙を信じ、流れに身を任せながら生きています。

ブログ記事に関してのご感想、メッセージなどがあれば、下記より送ってくださいね。
みなさまとの素敵なご縁を楽しみにしています。

    MENU
    PAGE TOP